fc2ブログ

ヒメカワブログ

オートバイ屋さんのブログです。

夜間走行時はハイビーム?

少し前に話題になっていました「夜間走行時ハイビーム論争(仮)」

今朝の情報番組でもやっていました 羽鳥さんのモーニン〇ショーです

色々意見が出てきてますのでちょっとまとめてみました


ご訪問ついでにポチッとクリックお願いします!→
一回のクリックでいっぱい元気が出ます!→  にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
Ctrlを押しながら二つクリックしていただくといっぺんにクリックできます。

Yahoo!の 乗り物ニュースの記事です

ネット記事でいつ検索できなくなるかもしれないので転記させていただきます。

ハイ/ロービーム論争は終結か 新技術で覆るヘッドライトの「常識」

夜間の対人交通事故、96%がロービーム しかし…
 暗い夜間に交通事故が多いのは当然のこと。そのため、これまで自動車メーカーやライトのメーカーは、懸命にヘッドライトの改良を続けてきました。また、行政側も「夕方になったら早めにヘッドライトを点灯しよう」と言い続けてきました。しかしながら実際のところ、ドライバーのヘッドライトへの関心度は低いものでした。
ところが2016年9月、ヘッドライトへの注目度を高めるニュースが話題になりました。「夜間の対人交通事故の96%でヘッドライトがロービームだったので、ハイビームで走ろう」という報道です。なぜ話題になったかというと、「夜間にハイビームで走ったら、まわりがまぶしくて迷惑だろ」と反対を唱える人が数多くいたからです。
 そもそも国家公安委員会による「交通の方法に関する教則」、いわば“教本”には、「街中はロービーム」「高速道路はハイビーム走行が基本だけど、対向車や前走車がいるときはロービーム」とあります。これに従えば、人が歩いている街中はこれまでロービームが当然なので、夜間の人身事故のときにロービームになっているのは当たり前。つまり前述のハイビーム推奨は根拠が乏しく、だからこそ、ハイビーム使用への反対を唱える人が多いのも当然といえるでしょう。
 こうしたなか2016年10月20日(木)、警察庁が来年3月より「交通の方法に関する教則」に、「交通量の多い市街地を除き、ハイビームを使うべき」と明記する方針を固めたと、全国紙が伝えました。これまで言及のなかった郊外など街中と高速道路以外の道路についても、ハイビームを使用すべきということです。
 とはいえ、こうした「ロービームだ、ハイビームだ」という議論は、もう少し時代が下がればなくなるかもしれません。なぜならヘッドライトが進化しており、そしていままさに、その普及の過程にあるからです。
.
ハイ/ロービームの「常識」、まもなくガラリと変わるかも?
 まず、「夕方になったらヘッドライトを点灯させる」という作業自体が、あと少しでなくなります。2020年から新車にはオートライト装着が義務づけられました。夕方になり周囲が暗くなると、ヘッドライトは自動で点灯するのが当たり前になります。
 この「義務化」が素晴らしいのは、その機能を夜間はオフにできないと定められたこと。これで新しいクルマに乗るドライバーは、ヘッドライトのオン/オフを気にしなくてよくなります。
 次に「対向車や前走車がいるときは、自動でロービームに切り替える」という機能。これは2016年現在、ほとんどのメーカーに技術があり、「オートマチックハイビーム」などと呼ばれているものです。走行中はハイビームを基本として、対向車や前走車がいるときはセンサーが感知し、自動でロービームに切り替えます。つまり、ドライバーがハイ/ローを切り替える必要はありません。
 そして、さらに進んだ技術としては、「対向車や前走車がまぶしくないハイビーム」というものがあります。
「まぶしくないハイビーム」、実は完成済み 残る課題は…?
「ADB(配光可変ヘッドランプ)」や「ALH(アダプティブ・LED・ヘッドライト)」、「マトリクスLEDヘッドライト」などと呼ばれるそのヘッドライトは、ライト自体に工夫することで、対向車や前走車に光を当てないというものです。
 方法としては2通りあります。ひとつは、「ヘッドライト内に動くシェードを組み込んで、光を当てたくない部分だけを遮光する」というもの。もうひとつは、「複数のLEDヘッドライトで、光をブロックごとに分けて投射し、対向車や前走車に当たる部分のLEDだけを消す」という方法です。
 ポイントは、技術的にはすでに完成していて、普及はコストとの戦いだけということ。ある程度の時間が過ぎて、それなりの数が出回るようになれば、最後は爆発的な勢いで普及するのではないでしょうか。
 たとえばアウディの「TTロードスター」は「LEDヘッドライト」を標準装備しますが、オプションメニューとして「マトリクスLEDヘッドライト」が選択でき、2016年10月現在、その差額は14万円です。これについてアウディジャパンは、将来のことに関し確実なことはいえないとしつつも、他社製品を含む「まぶしくないハイビーム」のヘッドライトについて、「時間はかかるかもしれませんが、確実に普及するでしょうし、そうすれば価格面にも反映されるでしょう」と話します。
「『マトリクスLEDヘッドライト』は、たとえば断続的に対抗車がくるような(その都度ハイ/ローを切り替えなくてはならない)高速道路などで特に便利です。ぜひ一度、お試しいただきたいと思います」(アウディジャパン)
 こうしたヘッドライトの普及が進めば、ハイ/ロービームの論争など、過去の笑い話になるはず。意外と、2020年ごろには、そうなっているかもしれませんよ。「Yahoo!乗り物ニュースより」


マネKが免許をとったのは23年くらい前の話ですが

学生で大分に居たのですが、その時も通常夜間走行時はハイビームと教わった気がします。

大分県は少し車で走ると山道になって 対向車がほとんど来ない道が多く

野生のサルなどが出没するので 比較的明るい市街地を除きハイビームはほぼ当たり前に使っていました

卒業し、関西へ帰ってくると 街灯が明るく、ハイビームを使う頻度が圧倒的に減りました。

マネ嫁のようにほとんど ハイビームは使ったことが無い という方も多いと思います

確かに、ハイビームでの走行は前方を走行している車があったり、対向車が来たりしたときに

ロービームにし忘れると逆に非常に危険な状態になります。

周辺に車が居ないことを注意しつつ、ハイビームを有効利用したいですね

記事には「技術の進歩」のことが書かれていますが、なかなか難しいことと考えています

あると便利で、普及して欲しい! と思うのですが…

ヘッドライトの技術が ハロゲンからHIDに、HIDからLEDになりつつありますが

HIDが普及し始めたのが約20年前 でもいまだにハロゲンの車両まだまだ見ますよね?

バルブだけ変えても書かれているような効果は当然ありませんし

バイクはまだまだハロゲンが主流で、新型Ninja1000などの一部車種がLED化してきています。

車と比べ、どうしても暗くなりがちなオートバイのヘッドライト なるべく明るく安全なものにしたいです。

17_ZX1000W_G_05.jpg

現行の二灯式ヘッドライトは ハイビーム時に両方点くようになっています。

つまり、ハイビームのほうが 明るさが単純に二倍になるんです。

他人の迷惑にならないよう、ハイビームのまますれ違うと余計に危険な状況ができてしまうことを理解した上で

安全にハイビームを使いましょう

では ☆⌒(*^-゚)ノ~♪see you again♪~ヾ(゚-^*)⌒☆

ランキング参加中です!
ポチッとクリックお願いします m(_ _)m


ランキングを上げてやってください→
クリックして応援よろしくお願いします!→  にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
Ctrlを押しながら二つクリックしていただくといっぺんにクリックできます。
ツーリングマップはこちらです
↓↓↓↓↓

http://waiwai.map.yahoo.co.jp/map?mid=zBH8A3XEmNBg3s.qKvbRmbFmDksifcMKu1wPSg--
スポンサーサイト



テーマ:バイク屋さん日記 - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://himejikawasaki.blog56.fc2.com/tb.php/4002-74d216d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)