fc2ブログ

ヒメカワブログ

オートバイ屋さんのブログです。

ホンダがいよいよ本気で電動化へ

車やバイクのニュースが多い

マネK 愛読の 「レスポンス」 ニュースに ホンダと日立の話が載っていました

電動自動車用のモーターを造る 新会社を設立するそうです

いよいよ本格的に電動化していくんでしょうか


ご訪問ついでにポチッとクリックお願いします!→
一回のクリックでいっぱい元気が出ます!→  にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
Ctrlを押しながら二つクリックしていただくといっぺんにクリックできます。

ホンダの八郷隆弘社長と日立オートモティブシステムズの関秀明社長兼CEOは2月7日、都内のホテルで記者会見し、電気自動車(EV)用など電動車両用モーター事業の協業で基本合意したと発表した。
計画では2017年7月に開発から生産、販売までを行う共同出資会社を、茨城県ひたちなか市に設立する。資本金は50億円で日立オートモティブが51%、ホンダが49%を出資する。3月末までに会社設立のための契約を結ぶ予定で、生産開始時期などはそれまでに詰める。
八郷社長によると生産するモーターはハイブリッド車(HV)、プラグインハイブリッド車(PHV)およびEVに搭載する計画。ホンダは現在、HV用などを静岡県などで内製している。開発は将来、共同出資会社に一体化するものの日本での自社生産は継続するという。
日立オートモティブの関社長によると、共同出資会社は、ホンダ以外の自動車メーカーにもグローバルにモーターを販売する方針であり、中国と米国にも生産・販売拠点を置く計画という。候補地は中国は広州市、米国はケンタッキー州で、いずれもすでに日立オートモティブの工場がある。
八郷社長は、協業の狙いを「2030年ごろにはグローバル販売の3分の2を電動車両とする方針であり、量を広めていく必要がある。日立さんの開発や量産技術と、完成車メーカーとしての当社の知見によってシナジー効果を追求し、競争力を高めたい」と語った。 《池原照雄》
ホンダと日立オートモティブシステムズは2月7日、ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)など電動車両に搭載するモーターの開発から生産・販売を行う共同出資会社の設立で合意したと発表した。
2017年7月に茨城県ひたちなか市に設立し、その後、近いうちに中国と米国にも生産拠点を置く計画。生産するモーターはホンダ以外の世界の自動車メーカーにも販売する方針で、量産効果を引き出す。
ホンダは16年に、世界に先駆けて重希土類フリーの磁石を使ったHV用モーターを内製で実用化するなど、高いレベルのモーター技術をもつ。今後も日本での内製は続ける方針だが、日立オートモティブとの共同戦線で、EV の商品化などによってモーターの需要が一気に拡大するのに備える。
電動車両ではバッテリーやインバーターとともにモーターは中核部品となる。そのモーターを協業することについて、7日に記者会見した八郷隆弘社長は、「自動車に搭載した時に、どう制御して味付けするか、そこにもわれわれの知見を注力する。この会社で世界一のモーターができれば世界一の電動車両ができる」と語った。《池原照雄》
ホンダと日立オートモティブシステムズは2月7日、都内のホテルで電気自動車などに使うモーターの合弁会社設立について共同記者会見を開いた。そのなかで、ホンダの八郷隆弘社長は「合弁会社で世界一のモーターができれば、世界一の電動車ができる」と強調した。
ホンダは現在、ハイブリッド車などに使うモーターを自前で開発、生産している。しかし、車の電動化が急速に進むなか、自前主義にこだわっていては取り残されてしまうという危機感を持っていた。というのも、研究開発費はもちろんのこと、開発スタッフが不足しているからだ。
そこで今回、モーターの開発について歴史があり、知見もたくさん持っている日立オートモティブシステムズと一緒にやろうと考えたわけだ。なにしろ同社の親会社は日立製作所で、1910年にモーターの開発から出発した会社だ。
「これからは自動車メーカー1社で車をつくり上げるというより、できるだけ競争力のあるものを集めて、その中でどうやって1台にまとめていくかということが重要だと思う」と八郷社長は話す。
考えてみれば、自動車は約8割の部品を外部から買って組み立てている。その部品が1つ増えてもたいしたことではないと割り切ったわけだ。そして、ホンダは車の味付けに力を注ぎ、世界一の電動車を目指す。
八郷社長は自社製モーターについて「継続して開発生産していく」と語っているが、合弁会社で新モーターが開発されるのを機に生産からは撤退し、ホンダは知見を得るための研究開発だけに止めることになりそうだ。 《山田清志》
日立オートモティブシステムズの関秀明社長は2月7日、ホンダとの合弁会社設立について「ホンダさんからお声をかけていただいた」と明らかにした。
日立オートモティブシステムズは独立系サプライヤーの立場からこれまでずっとホンダに対してさまざまな提案を行ってきた。モーターについてもいろいろな提案をしてきたという。なかには一緒に開発を進めている案件もある。
「どうせやるんだったら、(合弁会社で)始めたらいいのではないかと両社の間で持ち上がって、その話が膨らんで今日の合弁会社設立の合意になった」と関社長は説明し、こう付け加えた。
「モーター事業は非常に大きな設備産業で、中長期的なロードマップを示しながら、開発、生産、投資、そして拡販していく必要がある。そんな中でホンダさんからお声をかけていただいた」
ただ、日立オートモティブシステムはモーターに関してすでにGMなどに供給している。気になるのはそことの関係だ。関社長は「今のお客さまに対しては当然、うちが責任を持ってやらしていただく」と述べ、取引先の声を披露した。
「いくつかのお客さまからは競争力のあるものを提示していただけるのなら、構わないという話もいただいている。それに、ホンダさんからもお客さまの理解をいただけるのなら、外販もどんどんやってこのモーター会社の競争力とつけてほしいと言われている」
日立オートモーティブシステムズが今回、ホンダとの合弁会社設立を決断できたのも、このことが大きかったようだ。「私どもから見ますと、現在のお客さま、それから今回のホンダさま、そして将来のお客さま、この3者にとってメリットがある合弁形態ができた」と関社長は嬉しそうに話していた。 《山田清志》


現在、ハイブリッドではTOYOTAが 電動自動車(EV)では 日産が先んじている感がありますが

ホンダも F1の世界で 2015年・2016年と揉まれてきました(笑)

電動バイクの分野では ヤマハが ECシリーズや電動VINOなどで一歩前を走っています

ホンダも重希土類フリーの磁石を使ったHV用モーターを内製で実用化するなど

この分野は 日進月歩でどんどん進んできています。

ヨーロッパでは ドイツが2030年までに ガソリン・ディーゼルエンジンを禁止するという法議案を採択しました

オランダやノルウェーでは 2025年までにガソリン車を廃止するという報道もあります。

ドイツではBMW・ダイムラー・フォルクスワーゲン などの一流カーメーカーがありますので

かなり本気で進んでいると思います。

法議案に法的拘束力は無いそうですが、BMWが電動カーをどんどん出してきていますよね

日産も フランスのルノーに合併されていますし ヨーロッパからEVの波がやってきています。

当然、バイクの業界にもその波はやってくると思います

BMWモトラッドが 2017年から 「Cエボリューション」という電動バイクを日本に投入してきます

この電動バイク 2014年からヨーロッパでは販売されていて 2016年4月時点で1500台以上販売しています

車格は C650 と同じなのですが モーター出力から

日本では 軽二輪扱いになるそうです。

4時間の充電で100km走れるそうなのですが 

どんな乗り心地なのか 乗ってみたいですね♪

こういった電動バイクが これからはどんどん増えていきそうです。

ホンダが日立と手を組んで 良質のモーターがどんどん開発されれば…

電池の開発ももちろんですが 高効率のモーターが出てくれば

本当にあと10年で電動化 するかもしれませんね!

楽しみです♪

では ☆⌒(*^-゚)ノ~♪see you again♪~ヾ(゚-^*)⌒☆


ランキング参加中です!
ポチッとクリックお願いします m(_ _)m


ランキングを上げてやってください→
クリックして応援よろしくお願いします!→  にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
Ctrlを押しながら二つクリックしていただくといっぺんにクリックできます。

スポンサーサイト



テーマ:バイク屋さん日記 - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://himejikawasaki.blog56.fc2.com/tb.php/4166-e91c5aae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)