FC2ブログ

ヒメカワブログ

オートバイ屋さんのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋根付きバイクは流行る?

レスポンス ニュースの記事に

スクーターの屋根(スクリーン&ルーフ)

のことが載っていました


ご訪問ついでにポチッとクリックお願いします!→
一回のクリックでいっぱい元気が出ます!→  にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
Ctrlを押しながら二つクリックしていただくといっぺんにクリックできます。

バイクが風を切って気持ち良く走れたのは、つい先頃まで。急に寒くなってきた昨今、寒風は身に染みる。そんなこれからの季節、スクーターユーザーから需要が多いと言われるのがトリーテクノのウインドシールドや屋根キットだ。同社はスクーター用の後付けのスクリーンやルーフをオリジナルで開発している。
「新聞配達のバイクにはスクリーンが付いていないでしょ? あれはスクリーンがあると、シートに座ったままでは前カゴの新聞が取り出せなくなっちゃうから。ウチのスクリーンはカゴまで覆うから寒さ対策と実用性を両立しているんですよ」と代表の鳥海正樹さん。
走行風による体温の低下は相当なもの。外気温が0度の時、30km/hで走行すると、体感温度はマイナス12度になってしまうんだとか。風を防ぐだけで、かなり快適性は向上する。
「タイに旅行に行って、たくさんのバイクが走っているのに、雨が降ってもそのまま。それでこうした後付けの屋根を考えたんです」。日本よりも日本メーカーのバイクが走っている国で必要性を感じたのだ。
同社のウインドウシールドは3D形状になっているだけでなく、幅も十分にある。シミュレーションで風の巻き込みも見てみると、後方からの巻き込みより側面から巻き込むことの方が多いことが分かり、両サイドにバイザーを追加して快適性を大幅に高めたそうだ。
オプションのバイザーを追加することでルーフの幅も十分にあり、雨もかなりの範囲で防いでくれるようだ。
「スクリーンとルーフの間に隙間を空けると、空気はそこから吸い出されるんですが、雨粒は入ってきちゃいます」。風の巻き込みや雨の侵入を考えて調整する必要がありそう。ともあれ、装着するだけで雨風を凌いで快適性を高めてくれることは間違いなさそうだ。 《レスポンス ニュース 高根英幸》


1254095.jpg

後付の ウィンドシールド&ルーフ ですね

日本でも キャノピーとかヤマハさんがオプションで一部販売していました

でも、取り付けれるのは どちらかといえば業務用が多いです

ジャイロとかギア とかですね

もちろん 必要だと思うから なんですが

6年ほど前にタイで見かけたのは

DSC03039.jpg

こんな感じでした

ビーノに ルーフつけているんですね

ピンクで可愛らしい女の子が乗っていました

ステッカー貼ったり、色々カスタムしてました

こんな感じで 若い人たちに楽しんでもらえるようになったらいいなぁ

なんて思っちゃいました

あ~ またタイに遊びに行きたいな~

なんてね(笑)

では ☆⌒(*^-゚)ノ~♪see you again♪~ヾ(゚-^*)⌒☆

ランキング参加中です!
ポチッとクリックお願いします m(_ _)m


ランキングを上げてやってください→
クリックして応援よろしくお願いします!→  にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
Ctrlを押しながら二つクリックしていただくといっぺんにクリックできます。

スポンサーサイト

テーマ:バイク屋さん日記 - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://himejikawasaki.blog56.fc2.com/tb.php/4565-dd3bdf81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。